ゆるい投資のブログ

普段の株式の売買と届いた株主優待品のブログ

下げる日が多いと証券口座のチェックが憂鬱です

今日はトランプ政権が、鉄鋼とアルミニウムに追加関税する、と発言したため大きく下げているようです。


私の保有株に鉄鋼関連はないのですが、全体的に下りました。
2月の下げが一服して、月が替わって3月になったので上げてくれるのではと思ったのですが、3/1・3/2と連日の下げで残念な結果になっています。


トランプ大統領の発言以外にめぼしい材料がないから一気下がっただけ、にしか見えないのですが日経平均チャートを見ても、この先の展開がまったく読めません。(もともとチャートを見るのは下手ですが・・・)


とりあえず私はもう少しの間様子見の現状維持で行こうかと思います。
(日経平均が20,000円を割り込むまでは慌てなくていいかな、とか悠長なことを考えています)


「上げてよし、下げてよし」とか言えるほど資産にも精神にもゆとりはなく、相場の先を読めるほどの知識も才能もない凡人ですので、証券口座の資産評価額の変化にヒヤヒヤしながらの「Buy and hold」しか取れる手段がないというのが本当のところです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。